2006年08月04日

今日のEye Catch

ファントム.jpg今日のアイキャッチは、不可思議!

不可思議(ふかしぎ)は漢字文化圏における単位の一つ。不可思議がいくつを示すかは時代や地域により異なり、また、現在でも人により解釈が分かれる。一般的には1064を指すが、1080とする人もいる。
不可思議は、元の朱世傑による『算学啓蒙』において以上の他の単位とともに初めて登場した。不可思議は仏教用語からとられたものである。当時はすでに中数が使用されており、無量数は那由他(10112)の万万倍で10120となる。
日本では、『塵劫記』の寛永4年(1627年)の初版に初めて登場する。この版では、載までを下数、極以上を万万進としたため、不可思議は那由他(1039)の万万倍で1047となる。寛永8年版では載までを中数の万進に改めたため、不可思議は那由他(1072)の万万倍で1080となった。寛永11年版で万進に統一され、不可思議は那由他(1060)の万倍の1064となった。ただし、今日でも寛永8年版を根拠に不可思議を1080とする人もいる。もっとも、以上の数については指数表記が用いられるのが普通であって実用ではまず用いられないので、極以降の値がどうなっていてもそれほど問題にはならない。
(ウィキペデイアより一部引用)
 

posted by Mr.Rin at 00:56| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Eye Catch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。