2006年12月11日

桂冠詩人ウィリアム・ワーズワースのヴィジョン

2William_Wordsworth.jpgワーズワースにとって、詩の霊感をもたらし、彼に生きることの喜びを教えてくれる鳥は、「郭公」であった。ワーズワースは、「郭公に献げる辞」として、次のような詩をうたった(全8スタンザのなか、前半4スタンザ)。

ФTO THE CUCKOO

O BLITHE New-comer! I have heard,
I hear thee and rejoice.
O Cuckoo! shall I call thee Bird,
Or but a wandering Voice?

While I am lying on the grass
Thy twofold shout I hear,
From hill to hill it seems to pass,
At once far off, and near.

Though babbling only to the Vale,
Of sunshine and of flowers,
Thou bringest unto me a tale
Of visionary hours.

Thrice welcome, darling of the Spring!  
Even yet thou art to me
No bird, but an invisible thing,a voice,a mystery

おお、陽気な訪問者よ! 確かに汝だ
汝の歌を聞き、わたしは喜びにみたされる
おお、郭公よ! 汝が鳥であろうはずはない  
彷徨える聖なる声ではないのか?

みどりなす草のうえに横たわって
二重のさけび声をわたしは聞く
丘から丘へとその歌は通り過ぎる
ひとたびは遠く、ひとたびは近く

ただ谷間へとあどけなくも呼びかけるが
太陽の光にみち、花々のかおりにみち
汝はわたしに、かの秘密の物語をかたる
地上を離れた想像の時をもたらす

みたび歓迎の言葉を、春の寵児よ!
わたしにとって、汝はまさに
鳥ではなく、不可視の存在である
その霊妙な声は神秘の精髄である

  





 この詩の表現から分かる通り、ワーズワースは実在の郭公の声を聞いて、そこからヴィジョンやイメージやミステリ(神秘)を感応している。郭公という 具体的な「鳥」の彼方に、魂に共鳴するヴィジョンを感受し、自然の崇高な奥深さにワーズワースは忘我の境地にある自己をうたう。
ロマン主義は、 どこにもない、しかしどこかにある理想の世界や、境地を絶えず求めてやまない心情の発露として形象化される。『黄水仙に献げる詩』や『霊魂不滅のうた (Intimation of Immortality)』においても、ワーズワースは具体的な水仙や、森や野をうたいつつ、実はその彼方にある神秘的な心情の陶酔、どこにもないが、ま さに「魂の深奥」に存在する「共感の歓喜」を讃美しているのである。

Ф外部Link
Bartleby.com's complete poetical works by Wordsworth

Selected Poems by W.Wordsworth

A Wordsworth FAQ by Thomas C. Gannon


著作

  • 『ワーズワース詩集』 岩波文庫(田部 重治 訳)ワーズワース詩集ワーズワース詩集ウイリアム・ワーズワス 田部 重治

    おすすめ平均
    stars詩的豊かな景色と感情

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
  • 『対訳 ワーズワス詩集』 岩波文庫(山内 久明 訳)
  • 『ワーズワース詩集』 彌生書房(前川 俊一 訳)table  border="0" cellpadding="5">ワーズワース詩集 (1966年)ワーズワース詩集 (1966年)前川 俊一

    弥生書房  1966
    売り上げランキング :


    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
  • ワーズワース・コールリッジ『抒情歌謡集―リリカル・バラッズ』 大修館書店(宮下 忠二 訳)

Фワーズワースのヴィジョン
ロマン派のエコロジー―ワーズワスと環境保護の伝統ロマン派のエコロジー―ワーズワスと環境保護の伝統ジョナサン ベイト Jonathan Bate 小田 友弥

松柏社  2000-07
売り上げランキング : 340597

おすすめ平均  star
starエコクリの必読書

Amazonで詳しく見る
by G-Toolsイギリス湖水地方―ワーズワースの詩とピーター・ラビットの世界に浸るイギリス湖水地方―ワーズワースの詩とピーター・ラビットの世界に浸る須藤 公明 辻丸 純一 邸 景一

日経BP企画  2004-03
売り上げランキング : 89885


Amazonで詳しく見る
by G-ToolsIN PURSUIT OF INTENTION―Essays on Wordsworth,Coleridge and ShakespeareIN PURSUIT OF INTENTION―Essays on Wordsworth,Coleridge and Shakespeare長尾 輝彦

南雲堂フェニックス  2006-09
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Toolsコールリッジとワーズワス―対話と創造(1795~1815)コールリッジとワーズワス―対話と創造(1795~1815)山田 豊

北星堂書店  1999-12
売り上げランキング : 845846


Amazonで詳しく見る
by G-Toolstable  border="0" cellpadding="5">ワーズワスと英国湖水地方―『隠士』三部作の舞台を訪ねてワーズワスと英国湖水地方―『隠士』三部作の舞台を訪ねて山田 豊

北星堂書店  2005-04
売り上げランキング : 580459


Amazonで詳しく見る
by G-Tools幻視と恍惚―イギリス・ロマン派詩を読む幻視と恍惚―イギリス・ロマン派詩を読む黒岩 忠義

彩流社  1999-06
売り上げランキング : 734512


Amazonで詳しく見る
by G-Toolsワーズワスの『隠遁者』―「内なる楽園」への道ワーズワスの『隠遁者』―「内なる楽園」への道福地 明子

松柏社  1998-10
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools自然詩人ウィリアム・ワーズワース―自然と神と人間の霊の交わり自然詩人ウィリアム・ワーズワース―自然と神と人間の霊の交わり奥田 喜八郎

渓水社  1999-11
売り上げランキング : 632448


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




posted by Mr.Rin at 13:08| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

哲学入門 (ちくま学芸文庫)
Excerpt: 「哲学入門」と銘打つ書籍はあまたあるが、実態は「哲学史」か「説明」が殆ど。本書はテーマについての記述が実際に哲学なるものの実践になっている点がすごい。『数学原理』での記述と、本書の展開は論じられている..
Weblog: なつみの日記
Tracked: 2007-10-06 10:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。