2006年12月14日

ペイ・フォワードの少年にLOHAS

ペイ・フォワードの少年にLOHAS
imgcac9f58azikazj.jpeg
ペイ・フォワード 可能の王国』(ペイ・フォワード かのうのおうこく、PAY IT FORWARD)は、キャサリン・ライアン・ハイド小説、および同タイトルの映画ミミ・レダー監督。

あらすじ



中学1年生になった主人公トレバーの担任の先生は社会科のシモネット先生だった。シモネット先生の顔面は酷い火傷の跡が残っている。シモネット先生は生徒達に、「もし自分の手で世界を変えたいと思ったら、何をする?」と、生徒たちに問いかける。生徒達は中学生ら しい、悪く言えば幼稚な考えを提出するが、トレバーは違った。彼の提案した考えこそ、後に世界を変えることになる、「ペイ・フォワード」だった。ペイ・ フォワードとは自分が受けた思いやりや善意を、その相手に返す代わりに、別の3人の相手に渡すというものだった。 トレバーは“渡す”相手を探す。仕事に就かない薬物中毒の 男。シモネット先生。いじめられている同級生。 ペイフォワード”は失敗だったと思い始めるトレバーだったが、そんなトレバーを見かねた母親が、彼には内緒でこの運動をはじめることで、トレバーの努力は 日に日に報われる。遂にはテレビに取材されるなど、波紋は着実に広がっていく。しかし…

作品誕生のきっかけ

原作者キャサリン・ライアン・ハイドは「ペイ・フォワード」誕生についてこう語っている。 治安の悪い町で車がエンストしてしまったハイドは、車に近付いてくる男2人に恐怖心を抱く。しかし男はエンストしてしまったハイドの車を快く修理してくれ たのだった。そこから、この“善意を他人へ回す”という思考が誕生したのだ。

 コピー

きっかけはここにある!Фペイ・フォワード運動

※ペイ・フォワードに関しては、亀山金太商会にも記事を書いています。


ペイ・フォワード―「可能の王国」ペイ・フォワード―「可能の王国」キャサリン・ライアン ハイド Catherine Ryan Hyde 法村 里絵

角川書店  2000-12
売り上げランキング : 496303

おすすめ平均  star
starほんの日常的なことが大きな力に
star善意が生む奇跡の物語
star単純で明快なシステムに賞賛!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools特別キャンペーン版「ペイ・フォワード」(DVD対応シネパワー)特別キャンペーン版「ペイ・フォワード」(DVD対応シネパワー)
アルク  2002-06-18
売り上げランキング : 17050


Amazonで詳しく見る
by G-ToolsPay it ForwardPay it Forward山田 喜代子

美研インターナショナル  2005-07
売り上げランキング : 891909


Amazonで詳しく見る
by G-Tools






posted by Mr.Rin at 00:32| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。