2006年12月27日

The Long Nowの続き

ЭThe Long Nowの続き
01b.jpg
ЭThe Long Now Foundation, established in 1996, is a private organization that seeks to become the seed of a very long-term cultural institution. It aims to provide a counterpoint to what it views as today's "faster/cheaper" mindset and to promote "slower/better" thinking. The Long Now Foundation hopes to creatively foster responsibility in the framework of the next 10,000 years. To emphasise this horizon, the group writes years using five digits instead of four: 02006 instead of 2006.

ФLong Now project

Фabout

ФPeople

Ф
ブライアン・イーノが Long Now について語る

ФTime Machine

Эロング・ナウ協会代表、スチュアート・ブランド氏に聞く
(上)「『時計』は、新たな1万年を考えるためのツールだ」



メディアラボ―「メディアの未来」を創造する超・頭脳集団の挑戦メディアラボ―「メディアの未来」を創造する超・頭脳集団の挑戦室 謙二 麻生 九美 スチュアート・ブランド

福武書店  1988-04
売り上げランキング : 641690


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



asrinplanets55'sへ戻る





posted by Mr.Rin at 04:14| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | I Media | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

ハイパーメディアの導師 アラン・ケイ

アラン・ケイというコンピューターの世界のパイオニアが語ることは、これからのコンピューターの未来を示唆している。今彼が取り組んでいるSqueakプロジェクトはいいなと感じている。



アラン・ケイ氏,大いに語る






ITの将来の展望・本当の革命はまだ起こっていない

 本年1月末に来日したアラン・ケイ氏は,グローバル情報社会研究所の藤枝純教社長(オープン・グループ日本代表を兼務)が主催したフォーラムに出席し,スピーチやディスカッションをした。その中でケイ氏は,「本当のコンピュータ革命はまだ起こっていない。我々はコンピュータの持っている可能性を十分に生かしていない」と語った。

 アラン・ケイ氏は,ゼロックスのパロアルト研究所(PARC)の創設者の一人であり,パーソナル・コンピュータの概念を提唱した人物として知られる。また,グラフィカル・ユーザー・インタフェースやオブジェクト指向プログラミングなどの分野でも多くの業績を残した。

 
フォーラムで語られた話題は,ITの将来展望,同氏が在籍したゼロックスのパロアルト研究所(PARC)が数々の発明を生んだ理由,子供とコンピュータ教
育,同氏らが開発した「Squeak」というオープンソース・プラットフォーム,日本のIT産業への期待などなど,多岐にわたる。IT
Proでは数回に分けて,アラン・ケイ氏の発言を紹介する。



 第一回は,1月27日,グローバル情報社会研究所が主催したフォーラムにおけるアラン・ケイ氏のスピーチ内容である。


ITの将来の展望・本当の革命はまだ起こっていない



 本当のコンピュータ革命はまだ起こっていない。我々はコンピュータの持っている可能性をまだ十分に生かしていない。単に周辺をうろうろしているだけだ。


アラン・ケイ氏 
コンピュータの進歩を振り返ると,過去40〜50年間に2つのグループが継続的に,そしてお互いに影響を与え合ってきた。一つのグループは,企業人や軍人
といった非常にプラクティカルで,すでに自分たちの目的を持っている人たち。これらの人々は自分の目的のためにコンピュータを道具として使いたいと考えて
いた。もう一つはコンピュータの将来のあるべき姿,新しいゴールを見据えて,それを目指すビジョナリーな人々のグループである。



 コンピュータの実際の開発にかかわってきたのは後者のグループであった。1960年代以降,政府はプラクティカルではない開発案件に資金をつぎ込
んできた。資金的な余裕があったので,プラクティカルではない技術者が発明に携わることができた。スプレッド・シート,コンピュータ・グラフィックス,イ
ンタラクティブ・コンピュータ言語,インターネットなどはすべてこのような開発者が開発したものである。



 彼らは,現在のプラクティカルな目的のためではなく,コンピュータはこうあるべきという目標に向かって開発を進めてきた。


コンピュータを発展させたのは
「目的」ではなく「理想」だった



 1960年代初めに,この人たちがコンピュータの最終的なあるべき姿について論文を書き始めた。コンピュータを電気や水道といったユーティリティ
と同様に,どこにいても利用できるようにすべきだとして“インターネットワーク”を主張した。電気のあるところどこでも情報を得られるようにすることが理
想だと考えたのである。そして地球表面をネットワークで覆った後は,月にコロニーを作ったり,銀河系間ネットワークを構築するなど,宇宙規模でのネット
ワークまで考えた。つまり非常に巨大なスケールを意識していた。



 彼らがIBMと同じような次元で開発を考えていたら,インターネットは生まれなかっただろう。1960年代,そして1970年代,IBMはさまざ
まなネットワーク・アーキテクチャを発表した。代表例がSNA(システム・ネットワーク・アーキテクチャ)である。だが,どれも成功しなかった。その理由
は,設計があまりにプラクティカルだったためだ。しかし,ネットワークに大事なことはスケールの拡張性だった。



 コンピュータの40年間の歴史を見ると,大きな特徴がある。非常に大きなスケール拡張が実現されてきたことである。現在の問題は,それがうまく働
かなくなっていることだ。最も有名なスケールに関する法則は,「ムーアの法則」だろう。これは,LSIに集積可能なトランジスタの数は,18カ月で2倍に
増える,という技術開発スピードに関する経験則である。



 ストレージもスケールの拡張を実現した。インターネットは,ARPANETが導入された1960年代以降,スケールの拡張性を実証した。しかも,
インターネットは人間が作ったものの中で,保守を必要としない数少ない発明だ。インターネット以外のすべては,保守のために運用を止めなければならない。
ソフトウエアもそうだ。しかし,ある程度のスケールになると運用を止めることは望ましくない。



商業化が進んだ過去20年間は,非常につまらない時代だった


 このように1960年代と1970年代には理想主義的な発明があった。これに対し,過去20年間はコンピュータ・ネットワークの商業化が進んだだけ。非常につまらない時代だった。新しい発明はほとんどなかった。


 例えばWebブラウザは,よい発明とはいいにくい。1960年代にダグラス・エンゲルバートが発明したマウスは,インタフェースを提供したという
点で見ると,はるかにブラウザに勝る。ブラウザは優れたコンセプトとは言えない。スプレッド・シートは1970年代後半に発明された。その後の商業化は技
術の普及には貢献したが,進歩の機会を奪ってしまった。



 新しい技術を導入するときにはスケールの問題を解決すべきだ。エンゲルバートは1960年代後半にこんな未来像を描いた。世界的なネットワーク上
でコンピュータを使ってコラボレートする,つまり,お互いに協力することが可能で,そのためには相手が物理的に回線の向こうにいる必要はない。単に電子
メールを使えるだけではなく,同じ情報空間にいていつでもお互いに見て,話をすることができる。



 現在,その実験が進んでいる。大規模な実験にはグループ・ゲーム・サーバーが必要となる。共有状態を確保するのにサーバーが必要なのだが,どのく
らいの数のグループを想定しなければならないかというと,現在この会場に20人いる。こうした20〜30人のグループが地球上にできるとすると,何百万も
のグループができる。すると,そのために何百万台のサーバーが必要となってしまう。



 インターネットはコラボレーションのための一つのソリューションだ。実業界はインターネットの重要性に気がつかなかった。アメリカがインターネッ
トの重要性に気がついたのは,インターネットが生まれてから20年後の1995年だ。ビル・ゲイツが気がついたのは1996年だ。だが,コンピュータの発
達は停滞してしまった。



コンピュータ革命を起こすには,子供の教育が必要だ


 1960年代,1970年代には,私たちは成長していた。重要な事実は,時間がたつと子供が成長して大人になるということだ。


 私は,41年前の1961年に初めてコンピュータに触った。そのとき10歳だった。10歳は大事な年齢で,10歳で経験したことが10年後に大人になって開花する。革命が進行するためには世代の交代が必要だ。子供が利口になれば,利口な大人が出てくる。


 しかし,過去20年間に子供のための有意義なコンピュータの進歩はなかった。だから,コンピュータ革命は停滞した。コンピュータ革命はまだ起こっていない。コンピュータ革命を起こすためには子供の教育が必要と思う。


 歴史的に見ても,過去の情報革命は,子供たちが読むことを覚えて実現した。革命が起こるためには,音楽でも他の分野でも数世代が必要だ。子供たち
は,コンピュータ・ゲーム,Webブラウザ,電子メールで遊んでいるが,コンピュータの本当の性能を活かしながら育っていない。



 コンピュータは他の工業製品と違って,自己完結型だ。車の製造には大きな組織が必要だし,車を作るには実際に金属に触ることが必要となる。本を作
るのも同じで,組織が必要だ。コンピュータはそれだけで必要なものがそろっている。ほかに似たものがあるとすると,紙と鉛筆だ。紙と鉛筆があればなんでも
作れる。コンピュータはダイナミックなメディアで,どのようなメディアも模することができる。



 コンピュータは完全に新しい世界を実現してくれる。科学,ビジネス,家庭,情報世界を作れる。ITの専門家ではない普通の人々が,コンピュータを使って自分のモデルを作るようになる。


 読み書き,印刷の革命が起こっても,プロのライターが不要にはならなかった。今日は,歴史上で一番プロのライターが多い,それは一般の人々が皆,
読み書きができるようになったからだ。人々の生活でコンピュータが果たす役割り,コンピュータの専門家が果たす役割りも変化しなければならない。その結
果,人々のコンピュータとのかかわり方が変化することになる。



不景気こそが変化のチャンス


 子供に何か教えることは,次の10年におけるコンピュータ革命を促進することになる。日本には,アメリカより大きな可能性がある。


 私は数年前に日本に来て,子供向けの教育について話をした。それが大きな関心を呼び起こし,着実な運動となった。IPA(情報処理振興事業協会)
基金の支援を得て,京都市が6校(2高校,2中学,2小学校)で私たちが作成したカリキュラムを実行している。日本の若く非常に高い質のコンピュータ技術
者が,コンピュータの新しい利用法を目指して私たちにコンタクトしてくる。



 今の日本は不景気(エコノミックス・スランプ)のさなかだが,不景気は変化を起こすためのよいチャンスだ。「何か新しいことを始めることが必要だ」と人々を説得しやすいからだ。

ЭSqueakについて

1995年にアップルコンピュータにおいて,ゼロックスのPARCから来た人たちがSqueakの開発プロジェクトを立ち上げた。  そのころ,Javaは複数のプラットフォームで使えなかった。Squeakの開発では,すべてのプラットフォームで動くようにVM (仮想マシン)に高級言語を載せ,シミュレータを作った。バグがあってもそれを仕様とした。できるだけバグ取りをした。数学的に低級言語に変換するトラン スレータを書いた。非常に強力な技術だ。現在では25のプラットフォーム上で全く同じように動く。それが,数学的に保証されている。
 オープンソース・コミュニティやオープンソース標準ができているが,基本的に意味を保証されたソフトウエア・アーキテクチャであ り,主流となりつつある。TCP/IPはヒューリスティックな情報の集まりで,インターネットの確実な働きを保証している。どのプラットフォームでも同じ ように動くところが素晴らしい。コミュニティがどのように規定しようと,すべてのプラットフォームで同じように動かないと意味がない。
オープンソースのほうがより信頼性が高い
 オープンソースのプログラムとベンダーのソフトウエアの間に,実質的な信頼性の違いはない。マイクロソフトのソフトで完全なものを 見たことがない。Squeakはマイクロソフトのソフトウエアよりはるかにバグの数が少ない,そしてたくさんのプラットフォームで動く。バグは,25のプ ラットフォームで同じように発生する。1つのプラットフォームでバグを修正すれば,他のすべてのプラットフォーム上でのバグを修正できる。特定のプラット フォームを持つベンダーのたくさんのバグがあるソフトウエアより優れている。
 配布はインターネットで行う。難しいのはパッケージングだ。一般ユーザーが考え方を受け入れてくれることが重要になる。IBM, HPはLinuxを積極的にサポートしているが苦労している。HPはレッドハットなどの小さな企業に管理を依頼している。IBMは違う方法を取っている。 両社とも一般ユーザーの理解を得るのに苦労しているようだ。
 Squeakについては,パッケージングとサポートの量と種類の違いが重要だ。その例が京都の6校における自分のカリキュラムの実施をサポートする体制だ。日本人は勤勉だ。Squeakを子供向けに解説したThoru Yamamoto氏のWebページはとてもすばらしいものだ。
 Yamamoto氏には会ったことはないが,私の講演内容を含めてあらゆる関連記事をダウンロードし,何百ページのホームページを 作っている。Squeakの使い方のマニュアルを載せていて,日本で興味のある人はだれでも見られる。すべてを網羅しているので,非常に貴重で,その Webページを英語に翻訳したくらいだ。これはオープンソースの好例だ。
 Squeakは,Smalltalkの一種だ。Smalltalkは数十万人が使っている。Squeakは数百人の子供が学習して おり,大学でも使っているし,教師も使っている。エキスパート・レベルの人たちは相当使ってからコンタクトしてくる。オープンソースなのでユーザー数は把 握できない。


(記事は、http://itpro.nikkeibp.co.jp/members/ITPro/ITARTICLE/20030412/1/?ST=newtechより転載)

ЭSqueakのWebページ
http://hw001.gate01.com/~thoru/squeak/funsqueak.html



posted by Mr.Rin at 20:40| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | I Media | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

超臨界のテクノロージー エコキュート

エコキュートって?
大気熱でお湯を沸かす地球環境への負荷を抑えた自然冷媒(CO2)ヒートポンプ給湯機です。「エコキュート」の名前は、「エコ」は、環境にやさしいという意味、「キュート」は給湯そのものと、かわいいの意味を含めている。
 エコキュート」という名称は商品名ではなく、電力会社や給湯機メーカーが「自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯機」を総称する愛称として使われている。
 東京電力がデンソーと電力中央研究所とともに開発し、それを受けて各メーカーが開発・販売。

 投入した電気エネルギーの4.8倍の熱エネルギーでお湯を沸かすことが出来るとは、超臨界というカギをもって開発した斉藤路之氏に拍手です。
eco_imag_00.gif
主な特徴は、
・コンプレッサーで大気の熱を汲み上げ、給湯の熱エネルギーをつくるヒートポンプシステムなので、使用する電気エネルギーに対して約3倍の熱エネルギーを得ることができる。
・ヒートポンプシステムの冷媒としては、従来のフロン系冷媒ではなく、自然界に存在するCO2(二酸化炭素)を使用するため、オゾン層破壊や温暖化ガス排出の抑制につながる。
・昼間よりも割安な夜間電力を使用し、効率的なヒートポンプシステムと組みあわせることでランニングコストを低減できる。
 電気温水器は、ヒーターで水を沸かしますが、「エコキュート」は、自然冷媒であるCO2を使ったヒートポンプシステムによって、大気中の熱を
汲み上げ、給湯に必要な熱エネルギーとして利用する。エネルギー効率に優れ、省エネ性や環境保全性の高い給湯機といえる。形態としては、ヒートポンプユニットと貯湯ユニット(タンク)のふたつからなります。
(記事の一部は、http://allabout.co.jp/house/housefacility/closeup/CU20020928/ サイトより引用)
 

posted by Mr.Rin at 00:46| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | I Media | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

最強のノートパソコンの紹介

TARO_C2.5CONBO.jpg

最強のノート、通常20万円オーバーが、16万6090円この価格。
完璧なノート。最速。
しかも、RADFEONグラフィックボード・DVD±RWを搭載。
プロフェッショナルを唸らせる、この仕様でこの価格を実現。
まず、他ではありません。ファイナルファンジー推奨スペック搭載機種を、この価格で。

Make_CG_Taro Address:
http://make-cg.seesaa.net/

posted by Mr.Rin at 03:06| Comment(1) | TrackBack(0) | I Media | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Open Sourceという流れ

Eric S.Raymond.png(写真はRaymond氏のHPより引用)Open Source
ソフトウェアの設計図にあたるソースコードを、インターネットなどを通じて無償で公開し、誰でもそのソフトウェアの改良、再配布が行なえるようにすること。また、そのようなソフトウェア。
ソースコードがあれば、そのソフトウェアの類似品を作成したり、そのソフトウェアで利用されている技術を転用することが容易に可能なため、企業などでは自社の開発したソフトウェアのソースコードは極秘とし、他社に供与するときにはライセンス料を取ることが多い。
それに対し、オープンソースの考え方は、ソースコードを公開して有用な技術を共有することで、世界中の誰もが自由にソフトウェアの開発に参加することができ、その方が素晴らしいソフトウェアが生まれるはずだという思想に基づいている。
The Open Source Initiative(OSI)という団体によって「The Open Source Definition」(OSD) という定義が発表されている。「自由な再頒布の許可」「派生ソフトウェアの頒布の許可」「個人や集団の差別の禁止」「適用分野の制限の禁止」など10項目からなり、これに準拠しているソフトウェアライセンスには「OSI認定マーク」が付与される。
(一部e-wordの記事より引用)

posted by Mr.Rin at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | I Media | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

Fedora Foundationの活動

Fedora Foudationの活動
Red Hatから独立して、無償版の「Fedora Core4」の販売のために、Fedora Foudationが設立。これによりRed Hatは活動の活性化とオープンソースプログラミングの分野で他社との協力を図る狙い。「Centoo」や「Open Solaris」といった競合オープンソースOSの分野で、Red Hatが中心的な役割を担う狙いもある。

Fedora Foudationについては、下記アドレス参照して下さい。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/NEWS/20050705/164016/


posted by Mr.Rin at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | I Media | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

I Media Sample

I Media Sample倖田来未というシンガーを聞いて見てください、最近の若い子にしては、歌がうまいですよ!エロ可愛いという言葉が、若者の中で今はやっていますが、彼女のファッションをそいう言うのらしいですよ。

倖田来未3.jpegI Media Sample
posted by Mr.Rin at 05:00| Comment(2) | TrackBack(0) | I Media | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。